帯広市の歯科医院、ささはら歯科医院|小児歯科

  • 帯広駅3分
  • 駐車場完備

ご予約・お問い合わせはこちらからtel:0155286884ここをタップ

新着情報

診療内容

小児歯科

お子様に歯医者へ通院してもらうためにEasing dental fears

お子様の場合まずは歯医者に慣れ、治療が嫌いにならないようにすることからはじめます。
ここでは、当院で行っているお子様への取り組み・治療についてご説明します。

お子様はどうして歯医者が嫌い?お子様はどうして歯医者が嫌い?

どうしてお子様は歯医者が嫌い?

お子様のほとんどが、歯医者に対して「痛い」「嫌い」「怖い」というイメージを持っています。
確かに、麻酔をするときに少し「チクッ」と感じるかもしれませんが、麻酔が効いてくれば痛みはほとんど感じないはずです。
ではなぜ、お子様は歯医者に対してそこまで嫌悪感を抱くのでしょうか?治療の話をする前に、まずはそのことについて考えてみましょう。

  • 不安によるもの

    大人でも、初めての場所に行ったり、面識のない人に会ったりするときなど、少なからず緊張感を抱きますよね。
    ましてやその場に行く理由や、その人に会う理由が不明な場合などはとくに不安を感じます。お子様にとってもそれは同じことです。知識や経験がない分、その緊張や不安はより大きいのです。

  • 先入観によるもの

    ご両親の中には、実際にご自身が子供の頃に受けた治療の経験から、「歯医者嫌い」になってしまった方もいらっしゃると思います。
    しかし、現在の歯科治療の技術や環境は向上し、痛みの少ないさまざまな方法が生まれています。
    どうかお子様に先入観を与えないようにしてください。

歯医者での対応歯医者での対応

お子様を不安な気持ちにさせないためにも、まずはご両親や周りの大人の方に現在の小児歯科を知っていただき、「怖いところじゃないんだよ」ということをお子様にわかりやすく説明してあげることが大切だと思います。また、普段から歯医者に対する恐怖心を抱かせないように、虫歯ができる前から、歯磨きやクリーニング・フッ素塗布などで歯医者さんに通うことができたら、ほめてあげるようにしましょう。

不快感や恐怖感を与えないために不快感や恐怖感を与えないために

様々な工夫

当院では、お子様に「歯医者に行けば嬉しいことがある」と感じてもらえるよう努めています。そして、少しずつお子様に「良いこと(虫歯の予防や治療)をすれば、嬉しい(楽しい)ことがあるんだ」と思ってもらい、その延長線上に歯を大切にする心が育ってくれるよう、成長をバックアップしていきたいと思っています。

小児歯科の目的は、成長の変化が著しいお子様の歯やあごの成長を見ながら、理想的な永久歯の歯ならびや咬み合わせへと導く治療やアドバイスを行うことです。その第一歩として、お子様が歯医者を怖がらず、治療がスムーズに行われるような環境を整えていくことが大切です。

乳歯の虫歯予防Baby tooth care

大切なお子様の乳歯を守るためには、日頃から予防を心がけることが大切です。
虫歯の予防で大切なことは、お口の中を「清潔に保つ」ことと「虫歯になりにくい環境にする」ことです。
ここでは乳歯の虫歯予防方法について、ご説明します。

歯磨き歯磨き

なんといっても、毎日の歯磨きに勝る予防方法はありません。お子様の歯は成長が著しく、お口の中の状況は日々変化していきます。小さいお子様の場合はとくに、自分でケアするのは難しいため、周りの大人がバックアップしていく必要があります。成長に合わせ、その時期に適したケアをしましょう。

段階別ケア方法

成長段階 お子様 保護者
乳児期 白っぽいカスが時々たまる 水やぬるま湯で湿らせた布でカスをふき取る
生後6~9ヶ月 前歯が生えてくる 歯ブラシを使って歯磨きを開始する
生後1年~ 歯の数が増え、揃い始める 歯の汚れを布やガーゼなどでふき取る
3歳~ 自分で歯磨きを始める まだ上手に磨けないので、大人が手伝い、歯磨きあとはよくチェックする
5歳~ 毎食後(朝・昼・晩)「1日3回歯磨き」を習慣づける 大人による仕上げ磨きで、磨き残しがないかよく見てあげる
6歳(永久歯が生えてくる頃) 強くて大きい6歳臼歯 (永久歯が生えてくる) 6歳臼歯は食べカスも溜まりやすく虫歯になりやすいので、気をつけて磨くようにする

6歳臼歯について

6付臼歯の生える場所

6歳臼歯の生える場所は、歯が生え揃ったお子様のお口の中の一番奥です。永久歯でいうと、一番奥から2番目の歯になります(親知らずが生えている場合は3番目)。歯ならびや咬み合わせの基本ともなる、とても大切な歯です。6歳臼歯は奥にあるので歯ブラシが届きにくいだけでなく、生えてすぐはほかの乳歯と高さが違うためとても磨きづらくなっています。歯の溝も複雑で深くなっているので、乳歯の高さと揃うまでは歯ブラシを口の真横から入れて、丁寧に磨いてください。

むし歯になりやすい

大人の歯(永久歯)と同じく、乳歯にも磨きづらい場所があります。このような場所には特に注意して磨いてください。

0歳~2歳3歳以降

大人が行う歯磨き方法

寝かせ磨き
寝かせ磨き

お子様をひざに寝かせ、上から口の中を覗き込むような姿勢であごを手で押さえながら磨きます。上の前歯は上唇の裏の筋に歯ブラシが当たらないように、人さし指でガードしながら磨いてください。奥歯は人さし指で頬を膨らませて磨いてください。

立たせ磨き
立たせ磨き

寝かせ磨きを嫌がるときは、お子様を前に立たせ、後ろからお口の中を覗き込むような姿勢で磨いてください。

フッ素塗布フッ素塗布

フッ素には歯を強くし虫歯菌の活動を抑える働きがあり、虫歯予防に高い効果を発揮します。生えて間もない歯ほど、その予防効果は高いと考えられています。

フッ素の虫歯抑制効果

  1. 1. 歯の表面(エナメル質)が溶け出し、初期の虫歯が発生した状態です。
  2. 2. フッ素を塗布すると、フッ素が歯の表面に吸着されます。
  3. 3. 初期の虫歯部分に唾液中の成分(リン、カルシウムなど)が取り込まれ、フッ素が再石灰化を促進します。
  4. 4. 初期の虫歯が再石灰化され、歯が修復されます。

フッ素の効果

  • 綿球法
    綿球法

    球状の綿にフッ素塗布液を含ませ、歯に軽く押し当てて塗る方法です。

  • トレー法
    トレー法

    トレーの中に液をしみこませた濾紙などを入れ、口にくわえさせて塗布します。

シーラントシーラント

シーラントで溝埋め

虫歯になりやすい奥歯の溝をシーラント(接着力のあるプラスチック)で埋めます。咬み合う歯の面の凸凹に汚れが溜まりにくくなり、虫歯を予防することができます。
生えて間もない6歳臼歯はとくに溝が深く虫歯になりやすいので、大切な永久歯を守るためにもシーラントで埋めてしっかり予防しましょう。

生活習慣生活習慣

歯に良い栄養素

  • 良質のたんぱく質
    良質のたんぱく質

    歯の基礎をつくるための材料です。卵、魚、豆腐などに含まれています。

  • ビタミンA
    ビタミンA

    歯の表面(エナメル質)の強化を助ける材料です。卵、ホウレンソウ、ニンジンなどに含まれています。

  • カルシウム
    カルシウム

    歯の石灰化のために必要な材料です。牛乳、煮干し、チーズなどに含まれています。

  • ビタミンC
    ビタミンC

    歯の象牙質の土台を仕上げる材料です。ホウレンソウ、さつまいも、キャベツなどに含まれています。

  • リン
    リン

    歯の石灰化のために必要な材料です。卵、チーズ、ご飯などに含まれています。

  • ビタミンD
    ビタミンD

    カルシウムの代謝や石灰化の調整をします。卵、牛乳、魚などに含まれています。

よく噛んで食べる

良く噛んで食べる

よく噛むことにより、唾液がたくさん出てきます。
唾液にはお口の中の食べカスや細菌などの汚れを洗い流す働きがあり、虫歯予防につながります。

おやつ(間食)は時間と量を決める

おやつ

おやつをだらだら食べていると、常にお口の中が虫歯菌にとって好都合な状態になり、虫歯ができやすくなります。食べるときは時間と量を決め、食後はしっかり歯を磨きましょう。

クセ

乳歯は非常に柔軟なため、指しゃぶりや歯ぎしり、のどや鼻の病気による口呼吸などのクセが歯ならびや咬み合わせに影響します。
このクセを見つけたら、やめるように誘導してください。どうしてもクセが治らない場合は、当院にご相談ください。

クセ

お子様のお口の健康を守るために、まわりの大人は虫歯の予防や治療について正しい知識を身につけ、お口の管理をしてあげてください。
また、お子様に歯の大切さを理解してもらい、自発的にケアできるように日頃から気をつけて接してください。とはいえ、お子様に言葉の意味や真意を理解させることは簡単ではありません。お子様のお口のことでお悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

ページ先頭へ戻る